南三陸を通って気仙沼へ行ってきました。

せっかくどうもね~(方言)
皆様いつもご支援誠にありがとうございます。
前の記事「支援をお願いします」では早速募金がありました。
りんゴローを、終生可愛がってくれる里親様探しております。
26日に気仙沼へ行ってきました。
目的は 
①ピースジャムさんへの物資配送
②高校時代からの友達に会いに行く
 
ルートは 
東部道路⇒三陸道⇒桃生津山で出る⇒45号線⇒もくもくハウスで休憩⇒45号線ひたすら北上⇒大谷海岸のお店で登米の米を買う⇒気仙沼着

友達と無事合流し、彼女の仮設ハウスでお茶をいただきました。
そのあと一緒にピースジャムさんの事務所に物資を配送。

↑ピースジャムさんは乳児支援団体です。てっきり女性が多いのかと思ったら、男性が多くてびっくりしました!
気仙沼観光(友達の家の跡地見学とか)
友達の家の跡地には車がもっさり積まれていました。

それからご飯をCOCO’Sでたべて帰路でした。
私の住んでいる村田町からちょうど200km位の距離でしたがあまり遠く感じませんでした。
県北と県南の沿岸部は地形の違いで見た目の被害は違う感じがしました。
北はリアス式海岸、南は平野。
どちらも大打撃だったのですが、見た目的、絵的には北の方が迫力がありますね。
震災後初めて東松島よりも北に行きました。
県民力を合わせて頑張らないと、まじで宮城県やばいです。
復興!復興!もいいけど、まずは基礎の部分なりをきちんと整えるのが先決では?衛生面であるとか。
津波被害を受けてしまったエリアは、言葉は悪いですが発展途上国並みに支援し続けていかないといけないのでは?と私は思いました。
ライフライン、衛生設備などまだ完全ではないので。。。
本当にここは日本なのか。
日本です。
でも風化が進んでて関心も薄れてきてます。
どうすっぺ。

Pocket