今後の方向性について

皆様いつもご支援誠にありがとうございます。
9月に入りましたねぇ。宮城県もちらほらコスモスが咲き始めております。
今月末に一つ歳を取る・・・宮城復興大使(自称)の澁谷です。
ガーネットみやぎの今後の方向性についてご支援くださっている皆様にお知らせいたします。
現在支援物資の募集は停止しました。
4月1日から多くの方々にご支援をいただきました。ありがとうございます。
今後は、主に支援している宮城県南部の亘理(わたり)町と山元町にお金と雇用を生めるような活動をしていきたいと考えております。
それには今のまま任意団体だと出来る範囲が狭すぎるので、一般社団法人(将来的に公益社団法人に)したいと思っています。
・カルチャースクールの開催
・必要とされているお店や施設などを開店・運営
・ハンドメイド作品などを制作・販売
震災によって一家の大黒柱を無くした方や、母子父子家庭、障害者の支援を行っていこうと思っております。
仮設住宅での生活となり、仕事をしお金を作るというのが今本当に必要です。
この手助けを出来るようなことをしていきたいと思っております。
しかし、社団法人にするにもお金がかかるので澁谷はその資金を作るために、個人事業主として仮設住宅地で移動販売(衣料品や日用品)を始めることにしました。
仮設住宅地は山の中にある所がほとんどで、車を持っていない世帯や高齢者などは買い物へ出ていくことも制限されてしまいます。移動販売をしながら高齢者を狙った悪徳商法業者の見張りもします!
皆で作っていこう!という理念でやっていきたいです。
ちょこちょこバイトをして、そのお金を元に仕入れをしてという感じなので長い時間がかかると思います。
設立理念にもある「コツコツと」続けていき、実現したいです。
格安で卸してくれる業者さんなど絶賛募集です!!!
個人事業主だと中々卸してもらえるところが少ないんです(泣
当初は地域の特産品をコスメや食品にして販売することを考えていたのですが
どうしても「放射能」の壁があり、そして未だグレーな事ですので移動販売をすることにしました。
ガーネットみやぎは法人化への準備中という形になりますが、ブログは宮城のニュースなどをちょこちょこと更新していこうと思っておりますので、みなさんが離れていってしまわないように頑張ります!!!

Pocket