在宅困窮者/東松島市

皆様いつもご支援ありがとうございます。ガーネットみやぎの澁谷です。
在宅困窮者(在宅被災者)という現実があります。
色々な理由から避難所には居れずに残った家で暮らしている被災者の事です。
それと親戚や知人の家に居候している方もこれに当たると私は思います。
先日この在宅被災者がいると聞いて、自宅に呼んで物資をお分けしました。

この方たちは岩沼市の沿岸部に家があったそうで、天井まで浸水し全壊判定になりました。
私の父親の友人宅に家族5人(祖母・父・母・息子・娘)で居候しているとの事です。
祖父は残念ながら津波の犠牲になりました。
こういう在宅困窮者の方たちをもっと助けたいんですが、自治体でさえ現在調査中でかなり把握が難しいようです。
--------------------------------------------------–
先日母と東松島市に行ってきました。
[#PARTS|USER|45375#]
靴が足りないと避難所の方から聞いてたのと、母の姉の親友が避難所暮らししていると聞いたので母を連れて大きな車に物資をいっぱい詰め込んで行ってきました。


東部道路が開通したので東部道路を走ること1時間ほどで松島北に到着。

松島北を降りたらすぐに温水プール美遊という施設があってそこが避難所になってます。

ここで靴とか足りないという物を置いてきて、まだ物資があったので奥松島の方に行きました。
宮戸島に向かう途中は壊滅した地域が所々にありました。
[#PARTS|USER|45378#]





また車を少し走らせると、基礎だけになった所にご夫婦がいて探し物をしていました。
少しお話をしてみました。
家は全部流されてしまって明るい日中は毎日自分達の物を探しているそうです。
海辺は風が強いし、流されてきた海砂で目を開けていられませんでした。
防塵ゴーグルあればいいなぁって思いました。
宮戸島にある奥松島縄文村という施設に向かっている途中に決壊した橋があり、そこには自衛隊さんが砂利などで即席の橋を作ってくれていました!すごい!
そこを進むとまた壊れている橋があって被害の凄さと津波の威力を改めて思い知りました。



宮戸にはdocomoの中継車がいましたー!
電波をありがとう!

宮戸のこの縄文村はまだ電気が復旧してないそうです。


仙台市の居酒屋さんが炊き出しをしてました。
そして避難所の男性軍が物資の仕分けをしていました。

ここに居た東松島市職員さんに色々とお話を聞けました。
記念にパチリ。

ここに居る方々は皆元気で笑顔で過ごしていました。
1日も早く自分の場所を持てるように・・・と思いました。

Pocket