物資マッチング

活動紹介物資マッチング

物資マッチング

ガーネットみやぎでは活動初期の段階から、被災者自身による復興が成し遂げられるよう、日々活動に奔走する団体や事業者に対する物資のマッチング事業を様々な形で行ってきました。
物資提供などの現物支援は誰もが想像しやすい一つの支援の形ではありますが、実は現地の欲しいもの“ニーズ”と、支援者が送りたいもの“シーズ”の認識やタイミングのズレが原因となってしまい、被災地で重複や望まない廃棄などが発生していることも事実です。ガーネットみやぎでは現地ヒヤリングの結果をインターネット等に迅速に掲載し提供者と結びつけることで、あらゆる物資マッチングを多く行ってきました。

活動初期段階の物資支援

東日本大震災の発生直後、私たちが活動をスタートした段階から、SNSや電話、FAXなどを活用し、物資の集積を行いました。当時は支援を行いたい個人が被災地に物資を届ける方法が少なく、直接トラックで持ち込めるような場合や大規模な団体や行政を経由しての物資支援しか行なうことができない状況にありました。
そこで震災以後、理事長の自宅を集積場所として、全国・全世界からの物資提供の案件を受け付け、被災地に届ける活動がスタートしました。温かい気持ちとともに集められた物資は、ニーズに合わせてカテゴリ毎に管理し、沢山のボランティアメンバーなどの協力によって被災地、宮城県全域(主に亘理・山元町)へ運ばれました。まだ東北圏内でガソリンが不足していて車などが使えない時に、理事長自ら自転車で運んでいました。

 
震災直後は、下記のようなものが主に支援物資として集められました。

初期物資
初期物資
初期物資

震災直後の主な支援物資

Amazon欲しいものリスト活用

震災直後の混乱期が収束し、ある程度ライフラインが回復すると、より細かいニーズに対応した物資が求められるようになりました。そこで細かい現地ニーズに対応するため、「Amazon欲しいものリスト」を活用した物資マッチングを開始しました。
現地において不足しているものや、復興を目指す事業者が必要なものを聞き取るヒヤリング調査を行い、「ガーネットみやぎ被災地支援欲しいものリスト」に掲載、インターネットを活用しながらFacebookやTwitter・ブログなどのSNSツールを用いて積極的な広報活動を行うことで、よりオンデマンドで効率的な集積・管理・配布を実現しました。
このAmazonほしい物リストを利用した物資のマッチング実績は、提供物資総額で1000万円程度まで達しています。被災から時間が経った現在においても、このツールは必要に応じて活用しており、事業者が再建した際の備品調達などの手助け等を行っています。今後もその時々により、皆さまのご協力を仰いでおりますので、ご協力いたければ幸いです。

Amazon物資
Amazon物資
Amazon物資

震災直後の主な支援物資

amazon欲しいものリストでの主な支援物資

ガーネットみやぎには企業や個人などからの支援の申し出も多数寄せられております。
「支援を行いたいが、今どのようなものが必要としているのか」「工場で旧モデル品が残っているので、必要とされる人に送りたい」など、これまでも様々なお問い合わせをいただきました。これまでの活動で培ってきたネットワークから、最適なマッチングを行いますので、支援したい方、支援を受けたい方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

その他物資
その他物資
その他物資

これまで行ったマッチング支援など

本や漫画のマッチング
ヘルメット Amazonほしい物リストから被災語り部ツアー用のヘルメットが届きました。
当団体がイベント等で使用する発電機・テント等の備品も多くの方から支援を受けています。
Pocket